卓球部長ご挨拶    弦月会会長ご挨拶    【男女監督ご挨拶】   男女主将ご挨拶


関西学院大学体育会卓球部

男子監督   鈴木 範彦


関西学院大学体育会卓球部

女子監督   林 雅司
 男子監督を務めさせて頂いております鈴木範彦です。
 昨年は、関西学院大学卓球部(男子)は関西学生リーグ戦春秋連覇達成を成し遂げました。
 今年の目標は、昨年同様関西学生リーグ戦春秋連覇並びに関西学生選手権個人戦優勝、
インカレ上位進出であります。関西のみならず、真の日本学生トップ集団入りを目指し、
更なる努力を継続して参ります。
 関西学院大学卓球部は、かつて、一般、大学日本一を勝ち取り、栄光の時代を築き上げ
ましたが、その時代を、あの栄光をもう一度取り戻すべく、選手諸君と共に日々尽力をして
まいり、必ず目標を達成したいと考えております。非常に険しい道のりではありますが、
努力を継続する限り、不可能はないと信じて、”成せば成る”の精神で邁進してまいる所存
であります。上を目指すほど、卓球部の活動は広がりが出て来ますので、現役の活動支援に
は保護者の皆様、弦月会OB・OGの皆様のご協力無くしては難しい面が有るかと思います
ので、今後とも皆様のご指導、ご協力の程切にお願い申し上げます。

男子監督 鈴木範彦
女子監督を務めさせて頂いております林雅司です。
 昨年は、残念ながら関西学生リーグ戦での優勝は叶いませんでした。また、インカレにおいても入賞はできませんでした。今年も新たな有望な新人を迎え、目標達成に向け、日々努力精進しているところでございます。
 私は次の3点を大きな柱として、女子部の活動を進めていきたいと考えております。
 第一に「高いレベルでの文武両道を目指す」
 第二に「各人が自分の役割を認識しチームに貢献する意識を醸成する」
 第三に「周りから愛される学生、チームであり続ける」
この方針を学生たちが上手くアレンジして実現し、素晴らしいチームになっております。
 今年は、関西学生リーグ戦2度めの優勝、インカレ上位入賞を目指します。また、団体戦のみならず、個人戦でも全国レベルで活躍できるよう頑張っていきます。関西一部校のチームとして、関西学生卓球界を盛り上げたいと考えております。
つきましては、弦月会OB・OGの皆様、保護者の皆様には今後ともご支援、ご協力をいただきます様、よろしくお願い申し上げます。



女子監督 林 雅司